オンラインカジノにおけるハーフストップ法の有効性があるのか?

マイナスをプラスにするオンラインカジノ学

オンラインカジノにおけるハーフストップ法の有効性とは

トランプ

オンラインカジノを行う上で必勝法と呼ばれる手法を使わないで遊ぶことは、地図のない航海をするようなもので非常にリスクがあります。なぜなら手軽でいつでもどこでも遊べるがゆえに、いつの間にか手元資金を散在しているケースが圧倒的に多いからでです。
このため楽しみながらもルールを設けて遊ぶことで、利益を上げる確率を高めることが可能なのです。

今回はオンラインカジノでよく使われている人気のルール「ハーフストップ法」について、紹介していきます。

パソコン

ハーフストップ法は言葉でもニュアンスが伝わるかと思いますが、常に利益の半分を手元に残しながらゲームを楽しむ法則です。そして設けた利益が半分になった時点でゲームを終了することで、着実に利益を残すことができるのが最大の特徴。またなかなか自分で決められない「ゲームの止め時」をルール化することで、タイミングを明確にすることが可能です。やりかたとしてはまず目標となる利益を決め、目標が達成された段階でハーフストップ法を適用します。
そして稼いだ利益が半分を切ってしまったら、今回は速やかに終了します。

これをすることでオンラインカジノ上で自分自身をコントロールしながら楽しく遊びつつ、利益を得ることができます。一方でデメリットもあります。これは利益を稼いだ前提で行うため、利益を得ないと適用されません。

目標金額が高すぎる場合、なかなか到達できないまま手元資金を失うということとにもなりかねるリスクがあります。このため目安としては1.3~2.5倍程度を目標にしておくと、実効性が高まります。
このほかにも掛け金を決めるグッドマン法や、勝利時の利益を高めるグランパーレー法を組み合わせることでより効果を発揮します。