オンラインカジノの勝率を高めるためにダランベール法を使ってみる

マイナスをプラスにするオンラインカジノ学

オンラインカジノの勝率を高めるためにダランベール法を使う

ハイヒールとトランプ

オンラインカジノはギャンブルの一種ではありますが、勝率を高める一つの手段として様々な攻略方法が存在します。その一つがダランベール法とよばれるものであり、フランスの数学者が開発したといわれる攻略法で、ピラミッド法ともよばれています。
ダランベール法とよばれる攻略法には、二つのルールが存在しています。そのルールとは勝ったら次のゲームで賭け金額を1単位減らす、負けた場合には次のゲームで賭け金額を1単位増やすといったものです。この二つだけがルールであり、賭け金額の単位としては1ドルでも10ドルでも問題ありません。

トランプとスマホ

この攻略法の特徴は、たとえ勝ったとしても負けたとしても、資金の増減が緩やかであることです。オンラインカジノではマーチンゲール法を使う人も多いですが、このマーチンゲール法とよばれるものは、一度の勝利でそれまでの負けをすべて取り戻すことができる手法です。しかしこの場合一度連敗が続くと負けた分の資金を取り戻すことはそう簡単ではないでしょう。
ダランベール法とはマーチンゲール法とは異なり、長期的にベットを続けることにより、利益を出しやすい方法となります。つまりダランベール法の最大の特徴は、リスクを抑えられることと言えます。

このダランベール法を活用した場合には、短期間で大きな利益を獲得することは難しいですが、長期間ベットし続ければ自分が目標とする利益に到達することも可能です。しかし短期で利益を出したいと考えるのであれば、ダランベール法の逆をついてみるのも一つの手段です。逆の手法とは勝ったら次のゲームで賭け金額を1単位ふやし、負けたら次のゲームで賭け金額を1単位減らすといったものです。
特に大きな違いはありませんが、時には逆パターンを採用してみるのも一つの手段といえるでしょう。