オンラインカジノは違反行為をするとアカウント削除されます

マイナスをプラスにするオンラインカジノ学

オンラインカジノは違反行為をするとアカウント削除

アカウント削除された男性

オンラインカジノで遊んでいても、規約を守らず違反行為をすればペナルティを受けてしまいます。一時的に利用できないだけならばいいのですが、アカウント削除となれば、それまで貯めてきた配当金やボーナスがすべて没収されて、二度と登録ができなくなります。知っていて違反行為をするならば覚悟の上でしょうが、知らずにやってしまったときには後悔をします。事前に規約はよく調べておきましょう。

どのような行為が違反行為に当たるのかというと、大抵のオンラインカジノで規約の最初に書かれているのが、アカウントは1人で1つまでという制限です。そして、同一人物かの判断は、メールアドレスやIPアドレスで行われるので、家族で共有のメールアドレスを使っていたり、同じ回線につながっているパソコンや携帯デバイスを使っているときには、規約違反とみなされる恐れがあります。たとえ、アカウントを作成するときには家族でメールアドレスやIPアドレスを変えても、そのアカウントを家族で共有しているパソコンを使って遊んでしまうと、その記録で同一人物が複数アカウントを所持していると判断される可能性があります。アカウントの管理には、くれぐれも気をつけなければいけません。

それから、入金に使うクレジットカードや銀行口座、そして出金に使う銀行口座の名義が、アカウントの名義と違うのも規約違反です。たとえ家族や友人の名義だったとしても、自分のものでないならば登録してはいけません。これは犯罪で稼いだ資金を洗浄する、マネーロンダリングを禁止するための規約です。普段の買い物で家族のクレジットカードを使っている人は大したことではないと思うかもしれませんが、大目に見てもらえることではないので注意しましょう。